摂食障害 -2




このように摂食障害は、ときに致死的な身体的合併症を伴い、神経性食欲不振症の死亡率は5%と高率で、発症年齢の低年齢化と慢性遷延化は大きな社会問題となっているのです。たんにものが食べられない症状などと軽く見てはいけません。

これほどまでに怖い摂食障害です。「本当にダイエット(減量)が必要か?」 ということを、もう一度確認してみましょう。外見上の美しさだけを追求するあまり、健康を失い摂食障害になってしまうようでは意味がありませんからね。





トップページ

(C) 2011 産後ダイエットでプロポーションリセット
AX