太陽の光を浴びる -2




そしてある一定の温度にカラダが調整出来たときに起きる、
そうすることで、スッキリとした目覚めができるといわれています。

太陽の光を感じることのできない、真っ暗な部屋で寝たときは、
朝起きる時間になっても体温が上がりずらいので、起きるのが辛いのですね。

人間のカラダは一日25時間のリズムでプログラムされています。
太陽の光を浴びることで、これをリセットする効果があるのです。
できれば朝起きて、15分以内に、太陽の光を浴びるように心がけてみましょう。
カーテンを開け、窓を開けて、空を見上げて深呼吸するのです。
体内時計がリセットされて、カラダの底から調子が出てくるのが実感できます。

できれば毎日決まった時間に朝の太陽の光を浴びて、そして決まった時間に
就寝するのが理想です。もし環境が許すのであれば、これを実践してみましょう。

驚くほどカラダのリズムというものが正確だということが実感できると思います。





トップページ

(C) 2011 産後ダイエットでプロポーションリセット
AX