アルギン酸




アルギン酸

アルギン酸とは、わかめや昆布など、海藻類に多く含まれている水溶性の植物繊維のことです。

わかめを触ると、ぬるぬるとした感じがしますよね。あれがアルギン酸なのです。

アルギン酸には、便通を整える作用のほかに、コレステロールを下げる作用もあります。

アルギン酸は体内でナトリウムと結合し、便の材料となって排泄されます。このためナトリウムのとりすぎが原因のひとつである高血圧を改善するという働きがあります。

体内に余分なナトリウムがあると水分を貯め込みやすく、むくみの原因となります。このため、アルギン酸はむくみも予防してくれるという作用もあるのです。


アルギン酸は、ワカメ、昆布、ひじきやあらめなどの海藻類に豊富に含まれていますが、含まれている量はワカメが圧倒的に多く、ワカメの乾燥重量の実に40%〜60%がアルギン酸だとも言われています。

ワカメに続いてアルギン酸が豊富なのは昆布で、昆布には乾燥重量の30%程度、アルギン酸が含まれています。

具体的なアルギン酸の摂取方法ですが、一回に大量に摂取するのではなくて、一日、何回にも分けて食べるのが効果的だと言われています。





続きを読む

(C) 2011 産後ダイエットでプロポーションリセット
AX